永代供養がどのように行われているのか、永代供養を選択するメリットは何か

お墓を持たないという選択

墓

永代供養とは、家族や親族でお墓を持つのではなく、寺院や霊園と契約した上で遺骨の管理・供養を一任するというシステムです。お墓の継承を前提としないため、元々は身寄りの無い方、子供のいない方に向いたサービスでした。しかし、近年の家庭環境の変化によって、一族でお墓を管理することが難しい人が増加したために注目されるようになりました。そのため、申し込みにあたっては特に条件を必要とせず、誰でも契約することができます。また、子供や親族に負担をかけたくないなどと言った人のために、生前から契約することも可能です。供養を一任するという契約を交わしているため、供養の形式や間隔等は各寺院・霊園の方法に従うことになります。遺骨の管理方法は主に次の三種類が主流です。一つ目は、個人の専用スペースで管理してもらう「納骨堂式」。二つ目は、他の方の遺骨と合同で管理してもらう「合祀式」。三つ目は、墓石の代わりとして樹木を植える「樹木葬」です。この他にも海や山への散骨を供養として行うなど、各寺院・霊園で個別に行っているサービスも存在します。

従来のお墓とは異なる点

墓

永代供養は最初に永代供養費を支払うことで成立するため、月々の管理費や土地代等を支払い続ける必要がありません。墓石を立てる必要がないため、土地に対してではなく、供養してもらう人数に対して金額がかかります。また、合祀式であれば個別のスペースを必要としないため、通常の埋葬より費用の負担が軽くなります。納骨堂式を選択した場合であっても永遠に供養されるということではありません。33回忌までなど期間を決めて契約し、契約期間が過ぎれば共同スペースに祭られるのが一般的です。したがって、最終的には必ず合祀されることになります。合祀された場合は遺骨を取り出すことができなくなるので、しっかりと親族と相談しましょう。近年少子化や核家族化が進んだことによって地方のお墓を管理できないといったケースが増加しているため、永代供養を行っている場所は東京都内や関東周辺に集中している傾向があります。特に近年はコインロッカーのようなスペースを設け、そこで遺骨を管理するという形式が増加しており、これらのサービスは場所を取らないことから都心に多く展開されています。都心ではアクセスの良い場所も多く、遺骨の他に故人の写真等も納めることができるため、通常のお墓参りと変わらない供養を手軽に行えるようになりました。また、永代供養は原則として宗教、宗派を問わないため、制約に縛られずに場所を選ぶことができます。

広告募集中