永代供養を考えることが一般的になってきているので必要なことを考えよう

HOME>特集>何故注目を集めているのかその原因を探ってみよう

目次

どこに依頼をするべきか

お参り

子孫に出来るだけ手間をかけさせたくはない、ということで墓じまいをする家庭が増えてきています。永代供養を行ってしまえば墓の管理も不要になります。菩提寺がある場合には菩提寺に依頼出来ますが、ない場合にはまず葬儀会社に相談をするとよいでしょう。

コストのチェック

墓

永代供養を行う場合には、まとめて供養料を支払うことになる場合が多いです。供養料に関しては地域によっても差がありますし、依頼をする業者、寺院によっても違いがあるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。

行う理由を知る

墓じまいを行い、一括して永代供養に切り替えるという家庭が増えているその要因の1つに供養をする人がいない、ということがあります。子どもがいなかったり、孫がいなかったりすると放置されることになってしまうので、処分を考えることになります。

埋葬をする際に考えよう

永代供養を行う場合、すでに墓を持っているのであればその墓から遺骨を取り出す作業が必要になります。元々墓を持っていなくて、永代供養にしたいという場合には樹木葬を選択する、という方法もあります。これも1つの永代供養の形なので、墓を処分するという手間も省くことができます。コストも抑えることができるようになっているので、メリットは大きいと言うことができます。

広告募集中