お墓の価値観で永代供養が珍しくなくなってきている時代に入っています

HOME>イチオシ情報>負担が減るということでは将来的にはマッチしている
墓

これからのお墓の考え方

近年はお墓などの考え方で永代供養に関して興味を持っている人もいますが、その理由としてあるのがお墓の後継者問題というのがあります。後継者がいない家庭や独身で過ごしてきた人など、昔とは違ったライフスタイルを確立している人が増えてきていることも事情としてあり、それに対応したスタイルです。どのような形で進んでいくのかというと、納骨堂とは違いその他大勢の方と一緒になって合祀されることで、ひとつのお墓にいるという考え方になります。これは個人で安置していく人もいますし、子供がいない夫婦なども同じように安置をお願いしていくケースもあるので、スタイルによって変わってきます。また維持管理費などを預けておくことで継続的に安置をしておくことができるので、とても簡易的なスタイルということでは現代にマッチした形かもしれません。

新しいスタイル

永代供養を利用する人は子供がいないという夫婦や、生涯独身だったという人が将来的に考えることになるお墓の問題をクリアにしておきたいこともあります。また家族が亡くなった際にお寺やお墓が遠くになってしまったケースもあることから、永代供養によって維持管理費を支払う代わりにすべて任せるケースです。少子高齢化ということでもわかるとおり、子供が少なくなってきている時代背景が影響していることや、また自由なライフスタイルで家族との距離が出てしまうこともあります。お墓をひとつの使命とすることも時代の考え方として成り立たなくなってきたこともあり、少しでもお墓に対する負担をなくすことが目的となっている時代です。これからの時代はさらに家族よりも個人の考え方や、家族とのつながり方に多様性が出てきているといっても過言ではありません。

広告募集中